ステムアカデミーキッズ その他校舎

その他の校舎(現在、新規入会の募集はしておりません)

  • 新百合ヶ丘太陽校
  • センター南校
  • 生田丘の家校
  • 北千住校
  • 銀座校

STEM Academy Kidsについて

「未来へのIT応用力」の素地を身につけるレッスン

ステムアカデミーキッズでは、プログラミング的思考やその根底にある論理的思考、そして『自らアイデアを創造し、それをカタチにする力』『制作やコンテストを通じた数多くの成功体験』を身につけ、将来必要となる「未来へのIT応用力」の素地を作っていきます。ビスケット・スクラッチ・Unity等、豊富なコンテンツを通して基礎~応用的なプログラミング思考を学び、ゲームやアプリを開発していきます。

STEM Academy Kidsの特徴

問題解決型学習をベースとしたレッスン

アメリカ教育学者ジョン・デューイの学習理論「問題解決型学習(Project Based Learning)」をベースとして、知識の暗記などのようなインプット学習ではなく、プログラミングを通して「正解のない課題」に対して、自ら問題を考え、発見し、解決する能力を養い、その答えにたどり着くという「結果」より、たどり着くまでの「過程=プロセス」を重視したレッスンを目指しています。この問題解決型学習(PBL)は現在文部科学省が進める「アクティブラーニング」の教育方法として非常に注目を集めています。

「やる気」がアップし続ける個別指導

レッスンでは「個別指導」のスタイルをとっています。子ども一人ひとりの学力やペースに合った指導が受けられ、ステップバイステップ学習ができます。また分からないところは解るようになるまでじっくり講師に聞くことができますので、分からない・難しいが原因での「挫折やヤル気」がなくなることはなく、むしろ『解り続けて楽しい』からヤル気はどんどんアップしていきます。

「プログラミングパズル」でプログラミング脳をアップ

弊校独自のオリジナルパズル「プログラミングパズル」でプログラミング脳や算数脳を鍛えます。このパズルには変数の概念や実際にプログラミングで利用する演算子、解法のルールやテクニックなど解くためには様々な要素が必要なパズルとなっています。みな時間を競って、頭をフル回転しながら楽しんで取り組んでいます。小学1年生でも数回もパズルをやると、最低限の変数や演算子の意味を理解できるようになり、レッスンの進度も自然と早くなります。また将来本格的にプログラミングを学ぶ際の大きな手助けになります。

カリキュラム

ステムアカデミーキッズでは、3~5年間のカリキュラムを使用しています。年間授業数は24~30コマ(施設によりコマ数は若干変動)で、月2~3回のレッスン回数です。スタート時はFirst Stepとして、ビスケットプログラミングを学習します。ビスケットを通して、基礎的なプログラミング思考や作品を制作する喜び・達成感を体験し、プログラミングに対する抵抗感を無くしていきます。ビスケット修了後は、スクラッチプログラミングを学習、簡単なマウス操作やキーボード操作を学びながら、より高度なプログラムを制作します。 Second Stepでは、スクラッチを利用したIoTレッスンや、本格的なプログラミング言語を学習します。より実践的なスキルを習得し、家族や友人・知人や社会にあふれる様々な「問題」に対して、自らアイデアを出し、形にして解決へと導くことができるような人材育成を目指します。