未来を生きる力を

ステムアカデミーキッズ(STEM Academy kids)は、小学生を対象したSTEM教育スクールで、ソフトウェアプログラミングをはじめ、3D・ロボット・ドローン・電子工作をプログラミングと組み合わせた独自の総合学習カリキュラムを提供しています。これらの経験を通じ、子供たちの視野や興味領域を格段に広げ、同時に、論理的思考力や問題解決力を自然と育くむことができます。


「こどもたちに、未来を生きる力を」


それが、ステムアカデミーキッズのミッションです。


※STEMとは、Science (サイエンス=科学)、technology(テクノロジー=技術、Engineering(エンジニアリング=工学)Mathmatics(マスマティックス=数学)の頭文字をとった言葉です。

STEM Academy kidsの特長

1つのツールに限定しないレッスン

ツールを限定しないことでIT活用力や応用力を自然と養えます。また分野を偏ることなく「総合的に学習」することで、子ども達の視野が広がり、自身の個性や得意分野を見つけることができます。実際のレッスンでは一人ひとりの「個性を伸ばすレッスン」を重視して取り組んでいます。

生徒個々の興味や進度にあわせたカリキュラム

子ども達の興味やレベルに合わせた課題を与え、「自ら考えさせるレッスン」を行っています。自ら考えてトライ&エラーを繰り返させながら、問題解決力や理論的思考力を養います。また学習してほしい内容をこどもたちが進んで取り組めるようにオリジナルテキストを使用。一つ一つ、ミッション形式のテキストになっておりますので、ゲーム感覚で楽しみながら取り組めます。

楽しみながらも、考えさせる指導方針

当スクールでは、STEM(科学・技術・工学・数学)の内容を取り入れたレッスンを行っております。ゲーム感覚で楽しみながらレッスンを受けられるように工夫していますので、理数系の科目に強くなる子どもが増えています。

ITのプロであると同時に対人スキルを持つ講師陣

スポーツの世界において一流プレイヤー=一流の指導者とはかぎりません。ITの世界でも一流のプログラマー=一流の講師とは限らず、むしろ逆のことが多いのが実情です。プログラミングの素養は大前提して元スーパーバイザー、元営業マン、元整体師など長年人に接してきた講師が楽しく、かつ、わかりやすく指導します。

STEM NEWS

一覧
  1. ビスケットプログラミングコンテスト2019

     大好評だったデジタルポケット主催のビスケットプログラミングコンテスト2018が終了し、応募された作品を集めた「Viscuit Puzzle Collection(ビスケットパズルコレクション)」というアプリがリリースさ […]

    続きを見る

  2. WRSの開催

     先日WRSが東京で開催されました。WRSというのはWorld Robot Summitの略で、世界中から参加したチームがロボットのアイデアや技術を競う大会となっています。  2020年の本大会にさきがけて、2018年1 […]

    続きを見る

  3. 2020年小学校プログラミング教育必修化、その認知度は?

     他の記事の中でもたびたび登場する、2020年度から始まる小学校プログラミング必修化の話題ですが、実際に小学生の子供を持つお父さん、お母さんはどのくらい必修化について知っているのでしょうか。    今回は小学校プログラミ […]

    続きを見る

  4. この国を知っていますか?

     唐突ですがエストニアという国はご存知でしょうか?  「どこかで聞いた事があるような」  「エストニア?そんな国は聞いた事がないな」など反応は様々でしょう。どちらかといえば日本では馴染みの少ない国といえるかもしれません。 […]

    続きを見る

  5. 子供をSTEM好き、理科好きに変える家族の関わり方

     昨今、プログラミング教育必修化などの流れとともに、STEM教育への関心の高さがうかがえます。  しかし、科学、技術、工学、数学のSTEM教育にお子さんが興味を持つには、興味を持続させ、STEM好き、理科好きへと変えるに […]

    続きを見る

  6. 子供が「将来就きたい仕事」から垣間見える子供なりの社会

     クラレが2018年3月に小学校を卒業した子供とその親を対象に実施した調査によると、子供が将来就きたい仕事のトップは男子が「スポーツ選手」(22.0%)、女子が「医師」(8.0%)となりました。男子の好きな競技はサッカー […]

    続きを見る